引き続きコロナについてもろもろ

人は自分で自由を掴むと喜びを感じるが、誰かに与えられる自由にはストレスを感じるそうです。(ホンマでっかTVで言ってました)

今まさに多分日本中(全世界)がそうで。

「時間がない、時間がない」と言っていた人達でも「仕事に来なくて良いよ」と有り余る時間をコロナから与えられたところで、毎日うんざりする日々を過ごしている事かと思います。

コロナ。単なる風邪なんですよね。本当に厄介です。

全員に重たい症状を与えるわけではなく、症状が軽い人がいる、というタクミな戦術で世界に瞬く間に拡がりました。

居酒屋は特に大苦戦です。

こぞってウーバーイーツやテイクアウトやお弁当に参入していますが、元々やっているお店や企業がやっぱり強いなぁ、と感じますし。餅屋は餅屋、オペレーションや発信力、認知性も含め、後発はなかなか難しい気がします。それでも何かしないと、という状況かと思います。

一方で、9割スタッフさん達の給与が保証される、という話も出ていてそちらを頼りに完全に休業している会社様も多いかと思います。

ただ、こちらも情報だけがあれやこれや、と飛び交っている状況で、きちんとした機関に電話しても、具体的なことはわかりません。

これは業者さんからの又聞きなので本当かはわかりませんが、北海道地震の時の休業保証は1年4ヶ月後に支給されたとか。

あと最近思うのは何でしょう。

とにかく政治の文句を言う人が多くて、びっくりします。

もちろんそれぞれの現場の大変さ、を伝えていくことは大事なことですが。

一応、みんなで選んで、やって頂いてるんですし。

何か思う事があっても、もう言ってどうにかなる問題じゃないし、誰もが初めて経験する事態で、何が正しいかも、わからないからしょうがないな、とも思うんです。

それよりも、「自分は本当にできることをやっているか」を考えた方が良いと思います。

僕達も、いつ終わるかわからないコロナを前に長期間耐えれるように、とにかく止血止血、です。

毎日毎日頭を下げて、固定費の削減にご協力いただけないか、をお願いしまくっています。

そこには恥じもクソもありません。

とにかくひたすらお願いする日々、です。

たくさん、温かいご協力を頂いています。本当にありがとうございます。

ピンチな時こそ助けてくれる人。

ピンチになって離れていく人。

こういう事態になると、本当の応援者か、お金の応援者か、もわかりますね。

とにかく、普通じゃない今は、これから先の事を考える良い機会だとも思います。

何を継続して、何を捨てて、何を新たに始めるのか。

しっかり整理して、自分達にできる事をやって、あとはコロナの終息が先か、自分達の寿命が先か。

それでもダメなら諦めもつきます。

後悔だけはしないよう、やれる事をやり尽くしましょう。

年初に引いたおみくじがなんと生々しい事でしょう。

関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、いろんなことにチャレンジしています。