自社業態と東京を選んだ理由

サブライムから与えて頂いた選択肢の中で魅力的なのは、やっぱり良い立地で、良い業態をやりませんか、というもの。

金銭面(利益がでる)で言えば、間違いありません。

ただ、最終的にはそちらではなく自分達で業態を作らせてもらう事、を選択しました。

金銭的に、間違いない方、ではなく。

どうなるかわからない方、ですね。

そして自分達で業態を作る上では、とびきりの一軒ではなく、どれだけの人に受け入れられるかを試したいと思ったので、福岡ではなく、純粋にマーケットが大きい東京でチャレンジさせてもらうことにしました。

【自分達で業態を創ること。それから、それが沢山の人に受け入れられるか知りたい】

この2つのやりたい、に理由はありません。

よく、なぜそれがしたいかを考えるのが大事と言ったりしますが。

そういうのは考えるのはもう辞めました。

子供の頃、楽しそうと思ったら損得なんて考えず飛びついて遊んでいました。

それでいくらでも楽しかったはずなのに。

大人になったら損得とか先に考えちゃって楽しめない事が多すぎると思うんです。

だからもうそういう事を考えるのはやめて。

楽しそうと思う方に純粋に飛びついてみよう。

純粋に楽しそうだから、ワクワクするから、テンションが上がるから、やってみようと。

という事で、ウルトラ餃子をやらせてもらうことになりました。

関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、いろんなことにチャレンジしています。