しいたけの美味しさがイヤ

小さい頃はたくさん嫌いなものがありましたが、大人になったら何でも美味しく感じるようになりました。

そんな中、唯一克服できないのが椎茸です。

生の分厚いのをそのまま焼いて食す食べ方だけは、唯一美味しいと思えますが。(椎茸の味があまりしないから)

煮込まれたら最悪です。(筑前煮とかに入ってる椎茸がワースト1)

それから茶碗蒸しとかで、椎茸を隣の人にあげたにもかかわらず、接していた部分を黒く染めているその強い影響力もイヤです。(梅干し取った後の白ごはんが赤く染まってる部分は好き)

とにかく僕は。椎茸ダメなんです。

そういう話をすると決まって言われるのが

「えー。あんなに美味しいのに」

です。

何がダメなの? を聞かれるけど理屈とかはないんです。

味です。味。好きとか嫌いに理由とかありません。

椎茸の旨味(長所)を美味しいと思う人もいれば不味いと思う人もいる。

という事だけが事実で。

そこになぜ、とかの議論は無駄だと思ってます。

椎茸が嫌いなら僕が食べなければ良いだけです。

椎茸好きな人を否定するつもりも全くありません。

押し付けてくる人は嫌いですが。

楽しく生きるには、そうやって好きなものだけ食べて生きていけばいいだけの話です。

で、今日は別に椎茸嫌いをアピールしたいわけじゃなくて人の長所、と言われる所も人によっては良いところ、と思う人もいれば悪いところ、と思う人もいる。

という話がしたかったのです。

どんなに良いと思う事をやっても反対もされれば、邪魔をしてくる人すら出てきます。

そんなのをいちいち気にするのはやめましょう。

それが「普通」な事です。

みんなが「好き」なんて有り得ないんです。

美味しいと思うのも不味いと思うのも。

良いと思うのも悪いと思うのも。

楽しいと思うのもつまらないと思うのも。

みんな自由です。

周りを気にせず、自分が良いと思う事だけをしましょう。

嫌いな椎茸を毎日食べるなんて絶対イヤです。

自分が良いと思う人、心地良く入れる人と一緒にいましょう。

関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、いろんなことにチャレンジしています。