求人がうまくいっている会社の共通点

最近の関心はとにかく求人です。

人材難です。

ウチもドツボにハマってしまいました。

なので今、第一優先で真剣に向き合っております。

入ってきてさえくれれば……そこまで悪い会社でもないと思うのですが。

その入ってきてくれるかどうか? という入口部分で、だいぶつまづいています。

その弱みを克服しなければ、と思っています。

人が集まってくるためには??

改めて今のところ導き出した結論です。

パートアルバイトさんの場合

PA、アルバイトさんは正直、どうにかなるな、と思っています。

全員が全員ではありませんが、一番の関心が「お金」だと思うからです。

学業がメインの子。

本業がある子。

そういう子達が空いた時間を使って仕事をする、という時、一番大事にするのは「やりがい」よりも「お金」がメインではないかと感じています。

となると、時給をほかの会社より高くする事で必然的に集まるな、と感じています。

もちろん「やりがい」を一番に感じ働いてもらえることが何よりもありがたいですが、ほとんどの子が「お金」に重きを置いている、というのが現状ではないかと思っています。

ただ問題は社員さんです。

社員が集まる会社

そもそも給与が高い、ということはパートアルバイトさん同様、大事なことだと思っています。

ただ社員さんが集まっている会社、を考えるとそれだけではないなぁ、と思うわけです。

結果、以下2つに当てはまる会社(お店)ではないかと。

  1. 成長している
  1. お店がカッコいい

成長している

一つ目は、成長している会社です。

ただ飲食店で一つの店でどんどん目に見えて成長していく、というのは現実的に簡単なことではありません。

なので、飲食店の場合、お店をどんどん出店している所、といったほうがいいかもしれません。

毎日同じことをするのは誰だって飽きるものです。

車でも洋服でも、なんでも新品、新しい事にワクワクする、というのはあたりまえです。

新しいお店ができるほど、新しい部署や役職もできますし。

その中で自分の活躍できる場や成長できる場も探せる。

自分が成長できるかもしれない、という環境は 就職につながるのかなと思っています。

お店がカッコいい

もう一つ集めているお店は、純粋にお店がカッコイイ所です。

お店の造り。雰囲気。料理。人。

が、カッコいいお店は人が集まっているな、と。

やっぱりカッコよくいたい。可愛くありたい。

というのは人の本質的な欲求であり、そこが満たされるのだろうと思います。

結論

結局のところ、いかに「目に見えてわかりやすく成長している」もしくは「カッコいいお店」に人が集まっている、と感じています。(あたりまえですね)

ただこの「目に見えてわかりやすく」ということが大事だと思っています。

もちろん影の努力があるからこそ、顕在化するのでしょうが。

「あからさまにわかりやすい」方が、人が集まっている気がします。

で集まるところはもっと集まる、といういいループが生まれるのだと思います。

とうぜん、どちらも備えてない会社は今、いくら求人を出しても集まらない。

求人より先に「会社を見直しなさい」ということですね。

ウチの会社が今まさにソレ。

という自社の求人に対する弱み分析です。

入ってきてさえくれれば。

長いお付き合いをする自信はあるのですが。

うちはみんな長いのです。(これは自慢できるかもです。強みですね)

で問題は、だからどうする? て話なんですが、どうしたらいいんでしょう。誰か助けてくれませんかねぇ。笑

関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、いろんなことにチャレンジしています。