バカと付き合うな 共感しかない




堀江貴文さんと西野亮廣さんの本や作品は多分ほとんど読んでいて、それはきっとどこかで考え方に共感できたり、憧れる部分があったり、できてない自分が嫌になったりと、お二人の行動や考え方を知る度に刺激をうけます。

今回そんなお二人共著の本が出る、との事。

『バカと付き合うな』

という題名を見ても共感しかなく。

一気に読みました。

内容も共感しかありませんでした。

よく

「何考えてるかわからん」

「付き合いが悪い」

とかいろいろ言われますが、この本を読んで頂くのが一番いいかと。

『バカ』に関する説明はこの本をお読みいただけたら良いとして。

西野さんの秋元さんのくだりはめちゃくちゃ唸ったし。

堀江さんの最後の『本当のバカは〇だ』と書いてある章は特に共感、印象的でした。

常に今の常識を疑い、今と戦い続けようと思いました。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。