朝早く起きれない人の特徴




最近とても嬉しい事があります。

めちゃくちゃ眠れるんです。

9:30くらいまで寝れます。

ちょっと前までは7時台に絶対目が覚めていました。

これが困ったもので、6時間で起きる、とかじゃなく、1時に寝ようが、3時に寝ようが、どんだけ飲んでベロベロで寝ようが。

7時くらいに目が覚めてしまってたんです。

そしてそのあとどんだけ眠たくても全く寝れず、その日の昼間や夜にはクタクタという厄介な体質でした。

それが突然眠れるようになって、自分でもビックリしています。

でもここで気になるのは「何でいきなり眠れるようになったんだろ?」です。

元々20代は朝起きれない人で、朝の会議なんかは遅刻の常習犯でした。

「早起きなんて絶対ムリ。努力の問題じゃない。体質の問題だ」

なんて言い張っていましたが、30代になる頃には、逆に寝れない人へと変化してしまいました。

これも「こうやって一日一日ジジイが近づいている」で周辺や自分には言い聞かせていたのですが、今回の変化でその理論が覆りそうです。

わかったんです。

子供の頃からそうですが、遠足やサッカーの試合や旅行を考えると、いつも楽しみな日は張り切って起きれてるな、と。

起きれるというか起きたくなる、というのが正しいかも。

起きれるかどうかは眠った次の日が楽しみかどうか? 問題ではないかと。

毎日充実してる時は起きれてて。

明日はなんか嫌だな、楽しくないな、という時に寝れてる。

だから最近寝れてるのは、そもそも今、楽しさ、刺激が足りてないわけで、

「毎日いっぱい寝れるなぁ」

なんて喜んでる場合じゃなくて、さっさと楽しい事を見つけねば! と結論づけました。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。