映画館の長蛇の列に並ぶ人は仕事ができない




前に映画を観に行った時の話です。

朝起きて、昼間ちょっと時間空いてるなぁ、そうだ、映画でも観に行こう、と。

ネットで検索。(待つの嫌い)

全席空いていたので、一番良さそうな席をぽちぽちチケット購入。

暇なんだなぁと思ったのが9時くらいだったかと思います。

ただ映画館に行くとビックリ。

チケットも買ってるので、ギリギリに行くと、人がわんさか。

チケット売り場の前も長蛇の列。

ただネットの列には誰一人としておらず。

こんな並ぶの? 嘘でしょ。と思いながら列の横をスルスル通って券を発行。

なんかズルをしているかのような視線さえ感じます。

11時くらいの映画だったのですがシアターに入ってもっとびっくり。

パンパンにど満席。

あ、あの長蛇の列の正体はこれか、と。

一緒にいたツレに聞くと、

「でも、ネットだとよくわからないからめんどくさい、もっと時間かかりそうて思っちゃうんじゃない?」

そこで思ったんですね。

あんな列に並んで時間を消費する事になんの疑問も持たない人、解決策を見つけようとせず、そのまま流れで生きちゃう人は絶対何事に対しても(年功序列が当たり前、与えられた仕事だけする)そんな感じだろうな、と。(べつにそれはそれで悪い事ではないのですが)

ただ変わる事をめんどくさがっちゃって自分をアップデートしないなんて勿体なさ過ぎます。

アップデートし続ければどんどん楽しくなるし、自分の時間だって確保できるはずです。

でも、あの長蛇の列が教えてくれますが、ほとんどの人がきっと変わろうとしないんだろうな、と思うんです。

たしかに変化する、てめんどくさいです。でもそのめんどくさい、を放置するともっとめんどくさい事になっちゃいますよね、という話です。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。