2012年 30歳 法人6年目 リスケしました 恥




前回からの続きです。

前回はこちら。

2011 30 創業から7 数えたら19店舗出店してました

翌年、2012年3月です。

その日僕は、ある相談がありメイン銀行へ行きました。

会社の業績が凄まじく悪かったのです。(いろんな要因はあるのですが、一個ずつ書くとキリがないので書きませんが)

要は急な店舗展開に会社の成長が伴っていませんでした。

2011年9月~2月の半年で累損を3000万近く出してしまっていたのです。(月500万の赤字ですね。怖い怖い)

現預金は2011年8月時点で7500万程保持していたようですが、半年で3000万も赤字を垂れ流していたので、少し(というかだいぶ)不安になってきます。

このままじゃ怖いな、少し立て直しに時間がかかりそうだな、と現預金があるうちに相談に行ったんですね。

銀行で9月から2月まで半年分の月次表を提出し。

黒字化に向けて早急に取り組みますが、もしかすると支援をお願いする事になるかもしれない、というような事を伝えたと思います。

回答はこうでした。

「リスケだ! リスケ! 今すぐリスケします!」

???

僕は「リスケ……?」です。

(リスケというのはリスケジュールの略です。詳しくはググってください)

簡単に言うと、銀行への返済が難しい会社が返済を待ってもらい、浮いたお金と期間で立て直しを行い、利益が出るようになったら返してちょうだいね、という愛のある制度です。

当時、財務の勉強などもしていましたが、創業から攻め一本しか選択肢のない会社です。守り方など少しも勉強してないので、リスケが何か、などわかるはずありません。

へぇ。そんな制度があるのだな、くらいに思ったものです。

「はい。本当に申し訳ありません。」

会社はその日からリスケ入りしました。

2012年3月。30歳でした。

ただこの後。

この一見、愛があるように見えるリスケ、という制度が、めちゃくちゃ恐ろしい制度だと知る事になります。

最悪な30代のスタートですね。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。