ある夫婦のどちらも悪くない話




う~ん。何とも言えない問題です。

誰も悪くないけど、幸せじゃない話だと思いました。

ある夫婦のお話です。

旦那さんが休みのある日。

普段料理なんて全くした事はありませんでしたが、いつも奥さんがやってくれているし、疲れているだろうと、その日夕方までお仕事の奥さんの為に夜ご飯を作っておきました。

奥さんは帰ってきて、ご飯の匂いがする家にビックリしました。

「ご飯作ってみたんだ。ちょっと美味しくはないかもしれないけど」

「え~!! そんなの全然構わない。いや。うん!むしろ美味しいよ!」

「それなら良かった~」

奥さんは仕事で疲れていましたが、できあがっている夕食と、旦那の優しさに嬉しくなりました。

旦那さんも喜んでもらえて嬉しい。

と、2人にとって、それはそれは良い日になりました。

そしてそれからは、あんなに喜んでもらえるなら、と。

旦那さんは時々、夕食を作るようになりました。

めでたしめでたし。

と、とても幸せな話です。

ただ、ここで問題が発生しております。

最初は嬉しかった奥さんでしたが、実は作ってもらう事が嫌になっていたんですね。

一つは、奥さんにはキッチンを使うルールがあった事。(旦那さんが使った後のキッチンが荒れていて、結局片付けが大変)

そしてもう一つが最大の理由。

マズイそうです。

致命的ですね。

そこには愛情があるかもしれないけど、疲れて帰って、美味しくない食事と片づけをしないといけない、という逆のストレスが掛かってしまってるそうです。

「今日の味はどう?」

「今日もすっごい美味しい。ありがとう!」

とウソをつき続けているのが苦悩だそうです。

「これだったら自分で作った方が良い……」でも、旦那の優しさを考えると「使ったものはちゃんと直して」も言えないし「マズイ」も言えないそうで。

いったいどうしようかしら、というお話でした。

こんなにも悪い人が出てこない話も珍しいですが、でもこれは良くある話かなとも思うわけです。

ストーカーなんて良い例です。

迷惑を掛けているつもりはありません。

「あなたのため」に動いているだけなのに、相手から見ればストーカーなのです。

この夫婦も、「奥さんのため」に頑張る旦那さんと、「旦那さんのため」に傷つけないように振舞う奥さんの話です。

いつも本当に「あいてのため」なっているか、細心の注意を払わないとな、と思いました。

当然、面と向かって「どう?」なんて聞いても「あ、そうね。いいね」て言ってくれる人ばっかりだろうから、聞いたりはするのはむしろ、ナンセンスですね。

今回の件の解決策は一つしかないと思ってます。

どうでも良い人な言わなくて良いですが。

奥さんが本当に旦那さんを想うなら、勇気を出して、教えてあげるしかないかと。

「えっとね。そうだね。いつも作ってくれる事はとっても嬉しいんだけどね。(まずは褒める事を忘れずに)ただ、ちょっと味が…いまいちなんだよね(言いたい事はズバッと)」

「美味しい」て言っちゃうとそこで成長止まってしまいますからね。

みんなが言いにくい事を伝える事こそ近い人の役割かと。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。