人を頼るというのは迷惑? 恥ずかしい事?




ほとんどの人が

「困ったらいつでも言ってね」

と言います。でもその

「言ってね」

と言う人たちは、いざ自分が困ると。

言ってくれない人がほとんどです。

経営者であれば破産だったり、夫婦であれば別れるだったり。

みんな結構なオオゴトでもそうなる寸前まで教えてくれません。

最後も教えてくれる、というより、表面化してバレる、と言うことの方が正しいかもしれない。

なんならその時、消えて(蒸発)二度と会えない人だっています。

言って欲しかったな、と寂しく感じます。

「迷惑になると思って言えませんでした」

なんて言いますが、いなくなられる方がよっぽど迷惑です。

それに『助ける』て迷惑でも何でもありません。助ける側にも『誰かのためになった』という喜びがちゃんとあるものです。

いざ頼られたら、嬉しかったりしますよね。

頼らない、て誰かの為になる、という喜びを奪う行為でもあるのです。

どんどん頼りましょう。

でも人に頼れない一番の理由は、自分がそんな人だと思われたくない、という自尊心が強いのかな。

ただそれも大丈夫です。

みんなそんな状態だととっくの昔に気づいてますから。

「実は会社がピンチなんだ…」

「知ってるよ!」

「実は借金が…」

「気づいてるよ!」

て話です。

問題を後ろにやらないで、さっさと周りに頼って解決に向かって前進しましょう。

一人でヒーヒー苦しまれるのですが一番の迷惑です。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。