ネットの世界に感謝 思い出を買いました




みなさんにあるかはわかりませんが、むかし、一生懸命、時間や気持ちをつぎ込んだものってありますか?

僕は中学から高校にかけて。

ピアノにハマったことがあります。

小2までは免許を持つ母親に習っていたのですが。

当時はただ、親から怒られた気分になるだけだったし、楽しくないし、練習が嫌で。

「やりたくない!!」

とダダをこねて辞めてしまったのですが、中学生くらいから、やっぱりまた弾きたいな、と。

言われて、ではなく、自分自身で思うようになりました。

ただ、時すでに遅し。

中学に上がって始めるには致命的に能力が低かったんです。

どれくらいのレベルかと言うと。

今でもそうなのですが、楽譜を読むことができません。(ドから数えれば分かりますよ)

だから楽譜には全て、『ドレミ』とカタカナで読み仮名を振り、それを見ながらただひたすら反復練習して指で暗記する、というなんとも効率の悪い練習をしていました。

一見、めちゃくちゃ楽しくなさそうですが、それでも中学、高校の頃、ピアノを楽しいと思えたのは、練習曲を弾いたりするのではなく、自分で弾きたい曲だけを弾いていたから、だと思います。

この時は、何も考えていませんが、今思えばこのやり方は、仕事なんかにも当てはまる事かもしれませんね。

同じ仕事でも『やらされる』事よりも、『やりたい』事をやっている人は楽しめるのかな、と。あ、でも今日はそういう話がしたいわけではありません。

その頃いっぱい練習した思い出の曲達を、ふと弾いてみたいな、という感情になりまして。

ネットで探してみたのです。

そしたらどうやら絶版になってるようで入手できない事がわかりました。

でもオークションならあるのでは、と探してみると。

発見。

テンション上がりましたが。

とにかく高い笑。

状態が良いものだと、4万くらいまでなってたので最安値を探しに探して。

8,500円で購入。(それでも高い)

無事届きました。

久しぶりにCD聞いて、20年前くらいに戻れております。

なんかネットの世界が拡がった事に本当に感謝しないと、と思いました。アナログじゃ絶対持ち主まで辿りつける気がしません。

それに人は思い出など、そこに感情が伴えば、モノそのものではなく、その気持ちに対してお金を払えるんだな、としみじみ感じたどうでも良い話です。

ってか練習しないと……。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。