やりたいことには、いつもお金がつきまとう




毎日好きな事をやっていそうで、実は毎日我慢の連続なんじゃないか?と思った話です。

COCO壱番のメニューは何を頼む?

COCO壱番に行ったら、トッピングをいろいろ悩みに悩んで結局いつものを頼んでしまいます。

そんな話をすると、みなさんわりと、

「あれだけあるメニューにさんざん悩むけど、僕も私もいつも同じの頼んじゃう。」

と同じ人が多いことがわかりました。

で皆さんがどうかはわかりませんが。

自分が、あのメニューをジーっと見てるとき何を考えているかを考えると、やっぱりまずは何が食べたいかな~?という事を考えていると思うんです。(もちろん飲食店に携わる者として、商品の配置や魅せ方など必ずチェックしてしまう癖はありますが。)

それだけを考えるとじゃあ、パッと頼んだらいいやん、という話なんですが毎回、いちいち悩むのです。

その悩みは何かと言ったら同時に値段も見ているから、だと思うんです。

感情ではこれを頼みたい。でもあれ?これ割高だな、と感じてブレーキがかかる、という感じでしょうか。

これはもちろんカレー屋さんに限らず、どこの料理屋さんに行っても同じです。

居酒屋でドリンクの追加をする時メニューを見渡すのも、何となく、今日は次なに飲みたいかな~と同時に値段も見ている自分がいる気がするんです。いや間違いなく見ています。

その中で、なんとなく一番適しているものを選んでいる。いわゆる落としどころ、というやつで。

この白ワインを飲んでみたい、けどこっちのほうが料理に合いそう、とか何かと最もらしい理由をつけて安い方を選んでしまったりしていると思うんです。

毎日、やりたい。イヤちょっと待てよ。の連続

でもこれって生活していく中でありとあらゆる場面でいえると思うんです。

無意識のウチに、これしたい、とリスクが何か、を常に同時に考えているなぁと思うんです。

本当の本当はこれがしたい、という欲望を誰でもなく、常に自分で抑えてしまっています。

仕事やパートを探す時も本当はこれがしたい、でも時給が良いからこっちにしよう。

この車を買いたい、でもローンが。

習い事をしたい。

旅行に行きたい。

お店を持ちたい。

ありとあらゆる場面で自分がやりたいことが、お金に振り回されちゃってるなぁと。

そう考えると一番大事な問題はお金を稼げてない事なのかな?と思ったり。

そもそもお金を稼げば本当に自由に選択するようになるのか?と考えたり。

お金を盾に好きな事をやってない(逃げてるだけ)のかなと思ったり。

なんだかお金の事を話すのは汚い、と思いがちであんまり考えようとしてこなかったけど。

実はカレーの一杯でも、500円のコーヒー一杯でも損得をチマチマ考えている現実があるわけで。

お金というものが何なのか?を真剣に考えないとな、と最近考えております。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。