薄毛の原因を子供が解明してくれました

子供から、

「なんで男の人って髪がない人がいるの?」

と質問されました。

子供が考える髪がないとは?

何という質問だと思いました。

そうか、それすら疑問なのかと。

無知とはすばらしいですね。

でも僕は気づきもありました。

なぜ髪がない人がいるのか?

という疑問への子供なりの答えです。

薄毛は本来、恥ずかい事ではない

僕「なんでだと思うの?」

子「え?あそこだけ切ってるんでしょ?」

あそこ(たぶんここ、てっぺん)

なるほど、その発想は僕にはありませんでした。

わざわざファッションとして切っている、という発想ですね。

「んなわけあるかぁ!笑」

とツッコミたかったですが、

僕「なるほどねぇ。」

と妙に納得しました。

要は子供から見たら恥ずかしい事ではないんですよね。

当前であり、自然であり、髪型の一種と思っているのだと思いました。

 

元あった場所に戻っていく

次にもう一人の子が言いました。

子「いや、違うと思う。」

僕「お。なんだと思う?」

子「多分、中に入っていくんだよ。」

吹きました。

その発想はありませんでした。

この人は髪の毛が中に入っていった結果、仕上がったという事になります。

伸びるばかりの髪が大人になるにつれ、中に戻っていくという大胆な発想です。

何でも決めているのは自分

子供は天才だと思いました。

常識に縛られているのはいつも大人の方ですね。

多数決で多い意見を正しいと言い、それを常識と言い、そうじゃない人を非常識と呼ぶ。

非常識を常に恥ずかしいもの、腫れ物扱いするけど、本当にそうなのか?を疑わないとな、と。

みんなが悪いと言ってるから悪いのか?

イイと言ってるからイイのか?

そういう判断基準ではなく、自分の目で見て感じたものをイイ、悪いと判断できる大人になりたいものです。

薄毛(ハゲる)も僕たち男ができれば避けたい、と過剰に反応しているだけで、本当はそんなものなのでしょうね。

いや、騙されません。

そうだとしても僕は全力で回避する努力をすると思います。

関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、いろんなことにチャレンジしています。