安室奈美恵さんのCDの売れ行きが凄い 売れないものなんてないですね




安室奈美恵さんのCD売上が初週で111万枚突破したそうです。

【オリコン】安室奈美恵ベスト初週111万枚で1前人未到4年代ミリオンの金字塔

CDは売れなくなった、と言われる時代ですが売れるものは売れるんですね。

CDが売れない時代に売れたという事実

CDは売れなくなったと言っても売れるものは売れるのだなぁ、と思いました。

Finally
by カエレバ
Finally(DVD付)(スマプラ対応)
by カエレバ

いわゆるベストアルバムなので、聞いたことある曲ばっかりで、一曲一曲iTunesでも買おうと思えば買えるんでしょけど、もう曲を聞くという行為ではないんですよね。

最後、という思い出を買っているのだと思います。

最後に立ち会える今しかできない事、がCDを買うという行為なのだと思います。

たしかにCDが売れないのはわかります。

マーケットが証明しています。

ただし、CDで曲を売ってたら売れないわけであり、こうやって、思い出など、付加価値がつける事ができれば売れますね。

実際僕も、今ワンピースの主題歌になっているHOPEという曲カッコよくて、ずっとリピして聞いていますが、やっぱりCDは買ってないのです。

秋元康さんも曲を売るのではなくCDを握手券、応援券に替えました。

おニャン子からAKBに至るまで、アイドルをデザインし、CDの売り方をデザインし、CDが年々売れなくなる時代にCDを売り続けてきました。

紙の本も売れる

紙の本もkindleなど電子書籍の登場により、売れなくなった、と言われています。

それもマーケットを見る限り本当だと思います。

本の利点は

「これまでと読み方を変えたくない。」

「本じゃないと読んだ気にならない。」

「本棚にコレクションしたい。」

というような人が存在する事くらいかと思います。

不利な点は、重たいし、かさばるし、電子書籍のようなメモ機能もないし、電子版より高いし、買いに行かないといけないし。

理屈で考えると、電子書籍に叶いません。

それでもキンコンの西野さんは紙の本の売り方、届け方をデザインし、魔法のコンパスや革命のファンファーレを人々の手に届けています。

えんとつ町のプペルに至っては、5000部売れればベストセラーといわれる絵本業界で30万部越えの快挙を成し遂げています。

【大ヒット】『えんとつ町のプペル』30万部突破!

全ては売り方、届け方次第

CDも本も登場した時は、それらを利用しない限り、聞くことも読むこともできませんでしたが、ネットの登場で、聞くためのCD、読むための本という役割は終わりました。

そういう事にいち早く気づき、売り方、CDや本の存在意義をアップデートし続けた人たちが売り続けてきました。

CDや本が豪快に売ってる方がいるのでわかりやすいですが、飲食店なんかも一緒だと思うのです。

本来の目的は腹を満たすことだったと思うのですが、いろんな付加価値をつけることで、その店らしさを作り上げています。

飲食店のよくあるサービスで言えば、誕生日を祝う飲食店なんかも、まさに食べる事に思い出を乗っける付加価値であり、こういう点で売り方、存在の意義は進化し続けているなぁ、と。

クルマだろうと家だろうと何でも一緒だと思います。

何をするにしても、そういう付加価値を考え続けるクセがすごく大事だなぁ、と思います。

その思考をなくすと、すぐに時代に置いていかれます。

そして、売れない理由を時代や環境や世の中のせいにしかねません。

そんな超カッコ悪い未来だけはなんとしても避けたいのです。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。