コンビニのご飯が美味しいのは飲食店にとって恐怖すぎる

極虎餃子(ウルトラ)西鉄久留米店のメニュー変更いたしました。

大幅な値下げ

時代と逆行する形にはなるかと思います。

フードメニューは多少値上がりなのですが、ドリンクメニューを実験的に大幅に値下げすることにしました。

下記ご確認ください。

西鉄久留米店 メニュー

なぜ値下げか

ドリンクメニューは、ほぼ原価です。(泣けます)

理由はとても簡単で気軽に来れるように、です。

外食はやっぱり楽しいものだと思うのです。

もっとたくさんの方に外食して欲しいなぁ、という願いを込めてです

家で飲むより絶対楽しいと僕は思っているからです。(家は家で良さもあると思うのですが。)

そして、今回意識したのはコンビニです。

コンビニという恐怖

ここ最近、コンビニ、特にセブンイレブンの惣菜がますます美味しくて、怖いのです。

コンビニがコーヒーの市場を開拓しました。

コンビニがドーナツの市場を開拓しました。

惣菜や焼き鳥、スイーツどんどん進化しています。

近くて、便利で、安心。

そしていつも開いてるコンビニが。

そのうえ美味しいとなると、外食残業からすると怖くてたまりません。

となりに飲食店ができたら嘆く人がいますが、そんなのは本当に愚行だと思います。

敵を見誤っていると思います。

外食が盛り上がる事を喜びましょう。

ほとんどの場合、ぽつんとある1軒の焼鳥屋さんより、明るく3軒ならぶ焼鳥屋さんの方に行っているはずです。

たくさんあればある地域ほど活気に満ちてます。

それはよくよく考えたらわかることです。

それを喜ばないと、ですね。

となりのお店の愚痴を言いながら、目の前のコンビニに自らお金を落としに行く。

そのいつのまにかマーケットを奪われている、という恐怖にさっさと気づきましょう。

コンビニにドリンク売価を合わせてみる

ということで今回の実験です。

どっちが美味しいかは置いといて、唐揚げ一つとっても、できたて、味、産地、揚げ方、お皿、雰囲気、何一つとして同じようにはできません。

フードはコンビニと違いを出すことはできます。

ただドリンクは作ってテーブルにお持ちするくらいで、差別化は難しいなぁ、と思うわけです。

それならもう、いっその事ドリンクはもうコンビニの値段に合わせてみよう、という今回のメニュー変更です。

幸いにも、家に買って帰るドリンクは

「スーパーに比べコンビニは高いなぁ。」

なんて思ってしまいますが、外食になっただけでコンビニと同じ値段なだけでも、安いと感じる、そんなアドバンテージはあると思います。

そこを攻めれたらな、と思います。

極虎餃子というお店の目指す方

極虎(ウルトラ)餃子はまったく、尖る事もない超普通なお店を目指しています。

ただただ普通なので、超お気に入りにも、なかなかなれないかもしれないし。

100点じゃない90点の街の居酒屋かもしれないけど。

流行りじゃなく、息の長いお店。

コンビニじゃないけど、ぼちぼち美味しくて、安くて便利で、近くにあったら嬉しい。

日常に溶け込む。

そんな超ウルトラ普通な業態にしたいんですよね。

試行錯誤していきます。

関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、いろんなことにチャレンジしています。