堀江貴文さんの「多動力」を読んで

ここまでじゃなくとも、そうしている、そう思っている、そんな事だらけの内容でした。

いちいち説明もしたくない事ばかりの内容で、本当にまわりの方にたくさん読んでほしいと思いました。

多動力をもっともっと身に着けたいものです。

 

一緒に仕事している人にはぜひ読んで欲しい

 

 

僕なりに、納得した部分をまとめてみます。

 

 

目指すは完璧ではなく、完了

 

こうしないといけない、と思いこむことは選択肢を狭めます。

完璧を目指して疲れる人ばかり。

 

仕事を選ぼう

 

しんどい、辞めたい。

でも辞めれない。

の心境が僕はわかりません。

でも。

そう言って、たくさんの人が傷ついてるのも見てきたので、何とも言えないデリケートな問題ですね。

ただ辞めれない原因は、辞めちゃいけないと思っている本人の問題も大きいと思っています。

 

電話は一方的に人の時間を奪う

 

この『悪気がない』というのは僕もポイントです。

悪気がない時点で、たとえどんなに説明を重ねようと、合う気がしません。

 

誰もあなたに興味がない事を知ろう

 

これは僕にとって一番のハードルです。

頭でしかわかっておらず、実際の所わかっていません。

弱点です。

 

大事なのは今から 過去に囚われない

 

これは僕はあまりないのですが、こんな人だらけだなぁ、と思います。

この土地どうしようもないよ、という土地の活かし方を相談されても、

「さっさと売りましょう。」

としか言えません。

でも

「せっかくある土地なので…。」

と帰っていかれます。

他にも

「転職しようと思います。せっかく取った栄養士の免許を活かした何かを探しています。」

と言われますが、それだとまた入ったところで楽しさを見つけれなかったり。

今一番したい事は何なのか?

が大切だな、と思います。

 

思い込みをなくす

 

これは自分がしないといけない。

成功には長い時間をかけ汗水垂らさねばならない。

苦労をしないと喜びはない。

といった思い込みをなくしましょう、と。

時間は有限ですから、自分の時間をどれだけ持てるか?が大事ですね。

 

楽しい事、好きな事をしよう

 

ほとんどの方が。

何を言っても、次に出てくる言葉は

「でも~」

ばかりで一歩を踏み出しません。

「その目的は?なぜそうするんですか?」

と、やらない理由ばかりを探します。

そういう方にうってつけだと思いました。

もちろんやったからうまくいく、わけでもないですが、(現に僕が。笑)毎日毎日いやいや言って、楽しくない毎日を過ごすよりよっぽど楽しい毎日を過ごせている、と思っています。

好きな事をやりましょう。

まずは『多動力』読みましょう。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。