物を売るためには。作るだけじゃお客さんには届かない




こんなニュースがありました。

月額1980円で飲食店の売れ残りをゲット! 食品ロスを減らすアプリが年内にサービス提供開始 – キャリコネニュース
https://news.careerconnection.jp/?p=40817

なるほど。

いろんなサービスが出てきますね。

同じアイデアでも流行るもの流行らないもの

始まる前から4000人も登録があるのかー。

確かに、居酒屋みたいに食材の転用が効く業態ならまだしも、パン屋やケーキ屋さんのロスはいつも気になります。

でも前にケーキ屋さんと話した時に、

「毎日捨てるくらいなら閉店セールしてみては?」

と聞くと、

「もうその時間しかお客様が来なくなったりしたら嫌なんです。」

と仰っていたのを思い出しました。

確かにそれもわかるし、でもロスも勿体無いの事実。

切り口をどうデザインするか

普通に

「毎日、ロスをディスカウントしませんか?」

だったら絶対流行らないと思います。

でも今回お店側からの賛同も得れたポイントは

  1. 手を挙げれば、提供の多寡に関係なく均等に配当が分配されるという事
  2. ディスカウントでなく世の中からロスを無くす、余剰食材を社会に寄付する、と『社会貢献』に位置付けした事

だと思います。

やってる事は同じでも動機でみんな動きますね。

『ロスをディスカウントしよう』じゃなくて、『捨てるのは良くない。社会貢献しよう。』

『相席屋に出会いに行こう』じゃなくて、『タダで美味しい料理とお酒を飲みに行こう。』

行動は同じでも動機は大事ですね。

動機次第で世の中の潜在ニーズが一気に爆発したりするものです。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。