場所を聞かれたら、一緒に仕事をする気が一瞬でなくなります

自分でできる仕事を相手に丸投げする行為

 

基本的には会社に掛かってくる電話は、事務員さん達が要件を聞いてくださり、

「こちらで必要だと判断した場合は折り返します。」

というスタイルをとっています。

8.9割折り返す事はありません.

営業の方から見ても契約するかしないかもわからない、そんな会社とのやりとりに時間を割くのは、勿体無いと思うし、お互いに、すごく良いフィルターだと思っています。

そんな中、先日、求人の事でちょっと調べたいなぁ、と思ってる事があったちょうど良いタイミングで、会社に求人の営業のお電話を頂きました。

こういうタイミングが合う、て大好きです。

「やっぱり縁ってあるなぁ。」

と、なんだか嬉しくなります。

で、いついつ、という約束をして、終わりました。

ここまでは良かったんです。

でも、実際にお会いする前日になった時、もう一回電話を頂いたんですね。

『すいません。明日はよろしくお願いいたします。ご質問ですが、御社の住所をお聞きしてもよろしいですか?』

と。

僕、ど~しても。

この質問NGなんですよね。

だってそれってネットで調べれる、わけです。

現に最初の営業の電話をしてきた時は、何かを調べて電話してきてくださってるわけで。

なのに、「住所教えて。」と言うのは調べる事をサボってる、自分でできる仕事をこちらに振っている、わけです。

相手の事を調べる努力をしない、というクセは致命的だと思うのです。

相手の事を考えて、それに一番合う商品を提供する、というのが、営業の方にとても大事なスタンスだと思っています。

時々、

「それでしたら、弊社よりも○○社の商品(サービス)の方が良いと思います。」

なんて、他社の宣伝をしてしまうような営業の方を見ると、

「なんて正直な人なんだ!!」

とその時は商品は買わずとも、「信用」が貯まるので、必ず記憶に残り、いずれ商品も買う事に繋がります。

でもこういう場所を聞いてくるような方だと、「相手のため」ではなく、「自分たちに都合の商品やサービスばかり」を提供される気がしてなりません。

相手の時間を奪う、という事に対しても配慮が足りないと思いますし。

もちろん無意識だと思うのですが、その無意識が何よりも嫌なのです。

これまでの経験上、無意識な行為が気になる人と、絶対にその後も合う事がありません

「直る」「直らない」とかじゃなくて、「合う」「合わない」の話です。

だからそういう場合はすべて最初にお断り、です。

それがお互いの為、ですね。

スポンサーリンク







関連記事



ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。