サービスは相手が嬉しい事を考えてこそ。

こちらがしてあげたい事ではなく相手の為になる事を

 

お昼。あるお店に行きました。ガッツリ系のお店です。

隣のテーブルの出来事です。

持ってきた料理がどうやら全然違ったようで、お客さんがそのことを伝えると、

「申し訳ありません。それでは、頼んだものを再度確認させてください」

と確認した後、料理を持って帰っていったのですが、もう一度戻ってきて

店「お客様、すいませんでした。今から作り直します。申し訳ないので、こちらの料理はお代金も要らないし、残して構わないので、どうぞ、食べてください。」

と置いていこうとしたのですね。

お客さんは普通に

「え。いや。絶対食べれんし。賄いとかにしたらいいんじゃないですか?」と言っていったのですが、

お店側は、置いていく、の一点張りで最後はお客様が

「作り直しの料理はもう作っていますか?」と。

店「いえ、今からです。」

「じゃあ、もうこれ食べるからいいですよ。」

「え?いいんですか?申し訳ありません。」

で落着しました。

(これ批判みたいになってたらすいませんが。)

相手の為を想わないサービスは逆に悪い印象

 

ここだけ聞いてたら、なんか対応が意外だなぁ、と思ってびっくりしました。

せめてものお詫び、として行ったサービスかもわかりません。

相手がこんなにも望んでないサービスを押し付けても、何にも印象に残らないどころか、凄い嫌なイメージしか残らないと思うのです。

注文の時から見ていたわけではないので、お店側だけの問題か、もわかりませんし。

それがマニュアル通りだったか、もわかりません。

でもやっぱり何でも、基本は相手が今、一番望んでることは何なのか?を見極める事が大事だな、と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です