なるほど。無料のアメニティに対してそう感じるのか

別にそんな事ばっかり考えて息苦しく生きているわけではないのですが、

なるほど。そう感じるのか?と勉強になった事がありましたので、書いてみたいと思います。

全く飲食店に関係ない方と、ある飲食店に行ったのですが、

「ここは、無料のサービスやアメニティがすごい」とビックリ(いい意味で)してあったんです。

ここでいう無料のサービスというのは

ラーメン屋さんでいう所の

辛いもやしとか高菜とかゴマやら紅ショウガやら漬物やら

そういう無料で提供してくれる商品、の事です。

アメニティはそのまんまの意味で

女性用の髪止めのゴムやトイレに置いてくださっているアメニティ、ですね。

 

僕が「なるほど。そう感じるのか」と思ったのは

無料、という響きに対してなのですが、

当然、すべてお金がかかっているものであって

ラーメン屋さん目線から正確に言うと

有料のモノを無料で提供している、わけです。

それを「素晴らしい」と絶賛しているわけですが

無料のワケはなくて。

正しくは、

ラーメン代にすべてがオンされてる、わけです。

理論上だけの話をすると

卓上のサービス調味料を全部なくし

トイレのアメニティを撤去すると、

ラーメン600円を500円で提供しても利益率は変わらないかもしれません。

「でも全てを味わってこそ、うちのラーメンなんです」

というお店側の気持ちが乗っかった値段設定なわけです。

でも今回一緒に行った方のように

お客様が

気持ちの良いお店だ!

美味しい!

安い!(安いというか適正値段)

と感じる事が一番大事で、

そのお客様が発した

「無料でここまでできるのはすごい。」という

心の声はふむふむ。と考えさせられる一言でした。

経営する側で言うと、

いろんなサービスをオンしてしまってるけど

本当にあった方がいいサービスか?

無くして有料商品の価格を下げた方が本当は喜ばれないか?

逆に、来店者みなさんに味わって欲しいお客様が望まれているサービスをオンにして価格を上げれないか?

 

いろんな角度で考えないとなぁ、と思いました。

 

ちなみに。

これは批判とかじゃなくて

僕個人のユーザーとしての勝手な嗜好を

ラーメン屋さんだけで言うと。

欲しいものは有料でトッピングするので

いろんなものを撤去してもらって

初期設定を安くしてもらう方がありがたいです。

料理を味わう、雰囲気を味わう、サービスを味わう、

お店の味わい方は様々ですが

ラーメン屋さんの場合、

僕は純粋にラーメンを集中して味わいたい、です。ズズズ〜。

楽しみ方は人それぞれですね〜。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。