迷惑を掛けないようにふるまう、という逆に迷惑な生き方

迷惑を掛けないように掛けないように、と

いつも気を張って生きている人の周り、というのは

意外と居心地が悪かったりします。

迷惑を掛けないように、と気を張っていることが

ヒシヒシと周りには伝わっているものです。

その状態って逆に周りが、

距離に気を使ってしまいます。

当然、なんだか、手も差し伸べにくくて、

そうすると本人はもっと苦しくなって、

「周りは誰もわかってくれない。」と

最後は、どうしようもなくなり、

大きく転んでしまう。

それは本人も含め、みんなしんどいですね。

 

周りが自分を分かってくれないのではなく、

周りを自分が分かってないのかもしれません。

 

どんなに仕事できてもちょっと抜けてるくらいの人がいいですね。

迷惑を掛けないよう、掛けないよう生きるのは

逆に迷惑を掛けてる気がします。

自分でできる事はもちろん精一杯やって。

あとは、みんなに全力で寄り掛かって生きる、くらいがみんな心地いいですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です