自分の歩幅で、一日一歩。毎日進み続ける

安井友梨さんの深イイ話を見て

 

深イイ話で知りました。

「ポケットの中の手」

安井友梨

https://ameblo.jp/yuriyasui/entry-12301521192.html

 

ずっと大きい事がコンプレックスだったけど、

逆にそれを活かし。

「小さなゴールテープを毎日切り続けることを心に決めました」

と、フィットネスビキニの道へ。

30歳から決心して、10カ月で日本チャンピオンへ。

誰とも比べず。

無理なく無駄なく、自分の歩幅で毎日1歩。

それがいつのまにか大きなゴールに辿り着いていた、と。

にしても夢がありますよね。

もうそれはそれは相当な努力でしょうけど

10カ月なんてボーっと過ごせば一瞬で過ぎ去りますが

ある意味、誰もが10カ月で日本一になれるチャンスがある、という事も教えてくれているわけです。

ジブンハ何ヲ、ヤッテイルンダ、

という気持ちになりました。

 

でも問題はいつも受け取る側だと思っていて。

ついつい僕たちは、

努力の過程を見らずに、

今この結果だけを見て

「普通のOLって書いてるけど普通じゃない。この人だからできたんだよ。特別な人だ。」

と色眼鏡で見てしまいがちです。

もうその思考そのものがOUTで、

だから何も達成できないんですよね。

まず初めの一歩は、

ポケットの中の手を出して

その色眼鏡を外すところから、ですね。

きっとダイエットや筋トレじゃなくても

すべてに当てはまる原理原則の話だと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク







関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。