本屋さんの自己啓発コーナーの面積がどんどん広くなってる気がする

自己啓発本は誰が読んでいるのか

 

空港やら駅やらショッピングモールなんかに行くとついつい

本屋さんに吸い込まれるように入ってしまいます。

ずら~っと本を見て

あれもこれも欲しくなりながら、

買わない事がほとんどだけど、

気が付けば凄く時間が経ってたりします。

すごく僕にとってはリラックス効果があるのでは、と思っています。

今こういうのが売れてるんだなぁ、なんてのもわかります。

だいたい昔から

ダイエットやおかずレシピ関係の本は

スゴイ面積を占めている気がします。

で、最近行って思うのは

なんだか自己啓発コーナーが凄く増えた気がします。

「30歳までにしないといけないこと」

「成功するためには?」

みたいな本がそれはそれはズラーっと。

もちろんそれは本屋さんのエゴで並べているのではなく、

売れるからより売る(並べる)、が商売において鉄則だと思うので、

売れている、わけで。

みんな悩んでいるんだなぁ、と。

手に取って読むと、

わかるわかる。というようなことがたくさん書いてあり、

たしかに、ふむふむ、なります。

 

ただ。なんとなく。

 

うまくいっている人たちが

そういう自己啓発本を読んでるイメージがぜんっぜん沸かないんですよね。

みなさん密かに読んでるんですかね?

もちろんダイエットでも良いんですが、

自己管理がスゴイできてる人の家の本棚にダイエット本が並んでる姿もなんかイメージ沸かないんですよね。

 

本当に失礼な話ではあるのですが、なんとなく。

何かそういうのを読んでいる時点で

悩みから脱出できなさそうな気がする、ていう特に根拠のない話です。

悩みから脱出するのはそういうのを読まなくなった時じゃないかな、って。

 

 

スポンサーリンク







関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。