どんなに体がかたい人でも開脚できるようになるすごい方法

題名見た瞬間、買ってしまいました。

柔らかくなってみたい、という衝動に駆られました。

100万部も売れてる本

 

 

ってかこれ100万部も売れてるんですね。

さまざまなメディアで話題に!! 『ベターッと開脚』100万部突破でさらに開脚ブーム到来!?

印税1,300円×100万部×10%=130,000,000円(1億3千万円)

おおお、夢があります。

体が柔らかくなる方法、という本。

100万人の方がお金を出してまで欲しい情報だなんて、ほとんどの方が思わなかったでしょうね。(僕がそう思ってないだけで、誰もが欲しい情報だったのかもしれませんが。)

こういう新しいマーケットを切り開くのにはすごく憧れます。

どんな商売も言い換えれば、お役立ちだと思っています。

世の中が「欲しい」と思っているものを発見する、という事。

明確になっている需要(顕在ニーズ)は取り合いになるし、価格競争が起きたりしますが、まだ世の中が気づいていない「欲しい」(潜在ニーズ)を発見できると強いですね。

需要がここまであるなんて、まさに潜在ニーズかな、と思いました。

「すぐ」と「確実」

それから、「すぐ」と「確実」に弱いのも人の心理という話を最近習いました。

「すぐ」痩せる。

「確実」に痩せる。

ライザップですね。

日本中が注目しました。

この二つのキーワードは強いそうです。

衝動的に人を動かしますね。

ダイエットの決心をしても、今、目の前にあって「すぐ」食べれる「確実」に美味しいモノに手を出してしまうこともあると思います。

「すぐ」と「確実」は恐るべしです。

そういう視点で世の中を見渡せば、確かにそういうキャッチフレーズにすごくみんな振り回されてるな~と思います。

こちらの本のキャッチフレーズも。

【確実】どんなに体が硬い人でもベターっと開脚できる。

それから帯には、【すぐ】4週間で達成できる最強プログラム。

という2つのキーワードがしっかり盛り込まれています。

まんまと僕は買ってしまう、というですね。

柔らかくなるチャレンジしてみます

本を買ったのは興味本位でなく、とにかく僕も柔らかくなってみたいな、と。

体が柔らかいと、スポーツで怪我しにくい、とか代謝も上がる、とか言ったりしますが、そういう問題じゃなくて僕、歳をとって、とかじゃなくて、人生で一度も柔らかかったことがないんですよね。

こういうやつあるじゃないですか?前屈って言うんですかね。

これ生まれて一度も地面に手が付いたことがありません。

だから単純に柔らかくなってみたいな、って。

ただそれだけです。

で、さっそく、どんなもんだろうと、測ってみたんですが。

プラス(マイナスっていうのかな?)

23.5センチメートルでした。

地面から手先の距離。

やばいですよね。

というわけで1カ月やってみたいと思います。

割と、コツコツ地道にやれるタイプなので、いけるんじゃないかな、と。

時々、ブログでも近況報告します。一カ月後、

Eiko サンマーク出版 2016-04-25
売り上げランキング : 310

by ヨメレバ

ここまでなってなくても、せめて手がベタっと下に着くくらいなってたらいいな、て。

楽しみです。

スポンサーリンク







関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。