誰にとっても良い天気 というの存在しないらしい

良い天気というのは存在しない

ニュースでは

「良いお天気ですね」ってワードはNGだそうです。

そもそも絶対的な「良いお天気」というのは存在しないから、だそうで。

僕が「良い天気」と聞いてパッと浮かぶのは雲一つない晴れ渡った空ですが、

ず~っと雨が降っていなかったら雨降って欲しいでしょうし、

農作物が育つのに必要な雨もあるでしょうし、

傘を作っている会社から見たら・・・。中止になって欲しい野外イベントがあれば・・・。

そういうことを考えるといくらでも世の中に明日雨が降って欲しい人はいるわけです。

とは言っても、やっぱり僕は絶対に晴れが好きだけど、

世の中はそうやってバランスを保って成り立っているという事。

どんなに悪いことが起きても、どこかで必ず誰かが喜んでいるし、

逆もまたしかり。

そして良い事も悪い事もずっと続くわけじゃない。

良い事に自惚れるのも良くない。

悪いことにいつまでもクヨクヨするのもよくない。

そういう原理原則を忘れちゃいけないな、て。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です