嫌いなものは何かと理由をつけて嫌いになる

僕はあまりタバコが好きじゃないです。
不思議なもので好きじゃないと悪い所ばかり目につきます。

歩き煙草で吸殻を溝に捨てたりする人が気になるし、(これは普通にだめか)

居酒屋に行けば、必需品であるライターを持ってないことに疑問を感じるし(セットでしょ)

トイレで吸う人いたり(喫煙所でうんこする人はいませんからね)

屁理屈のように気になる所ばかりを見つけてしまうわけです。

この前野球好きな方と一緒に、テレビであってる野球を観てたのですが(嫌いではないけど)試合ってこんなに長い必要あるの?7回くらいで良くない?みたいな話とか、選手がネックレスとかつけてるのが気になる、みたいな小っちゃい事もツッコめちゃうのです

そしたらサッカーの反則受けた時に時間稼ぎでずっと痛がるのが嫌、と反論を受け、確かに!て気づかされるわけです。

そう考えると好きな時は良いとこばかり目につくし、嫌になったらなんでも理由つけてもっと嫌いになるのだな、と。

結婚して『あなた変わったわ』なんて台詞がありますが、

あんなのはもう、

どちらが変わったわけでもなく、好きじゃなくなってきたから、どんどん嫌なとこが目につくようになった、て事でしょうね。

だから人にしても、仕事にしても、場所にしても

どんなに嫌なことを頑張っても、嫌なものは嫌なのですから、

環境を変えずに毎日ブーブー文句を言う人生より

できる範囲で、

嫌いなものをなるべく遠くにおいて、

好きなものを近くに寄せとく事が、

人生を豊かに生きるコツなんじゃないかな、と思ったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。