仕事ができない人は電話が多い

仕事でも人間関係でも商売でも。

相手が何を必要としているかを考えて先回りする、ということを息苦しくない程度に、すごく大事に生きているつもりです。

その点、最近思うのは

これだけLINEやメールなどが普及しているのに、

電話ばかりで連絡を取ってくるのはナンセンスだなぁと感じます。

営業のノルマかわかんないですけど、

『最近どうですか〜?』て何の理由もなくかけてくる電話とか本当辞めて欲しいと願っております。

返答も困ります。どう?ってどう?

電話って掛ける側の都合でしかなく、

掛ける側が掛けたい時に掛けるものです。

そこには相手が何をしてるか、なんて背景は関係なく。

もしかしたら相手は、今やっていることを止めないといけないかもしれませんし、

ちょっと移動しないと取れないような場所にいるかもしれません。

その点メールは、受け取る側は好きな時に見れるし、

返事も好きな時に返せるわけですから。

そういう配慮がすごく必要だな、と感じるわけです。

もちろん目上の人や取引先の方に、メールは失礼じゃないか、という意見もわかりますが、

相手が必ず電話じゃないとダメな人か?くらいは少し付き合えばわかることで、

それよりもしょっちゅう電話される方が「また掛かってきた、めんどくさ。」と思われてる可能性があるわけで。そういうことを察する事の方がよっぽど大事かと。

電話もメールも相手に用件を伝えることが目的なんですから電話ばかりじゃなくて良いじゃん、というのが自論です。

スタッフさん達から電話があってたりすると、毎回、ドキっとしてしまいます。

こんな時間に何だろう、何か起きたかな、なんて不安になって折り返します。

でもだいたい電話してくるタイプの人って、掛けると出ないんですよね。悔しいことに。

で、向こうが出ず、折り返しの時間が長ければ長いほど、なんだろなー、て不安が高まります。

なのに、いざかかってきたら、めちゃくちゃどうでも良い内容だったりするんですよね。

自分主体といいましょうか。

相手が今何をしているだろう、

どういう風に感じているだろう、

そういうのは、電話に限らず、常日頃から考えるクセが大切だと思っています

仕事ができない人は電話が多い 2

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です