嫌いはまだ大丈夫。旦那に無関心が一番怖い

離婚する、という知り合いの話を少し聞く機会がありました。

ホントに嫌な時は気にもならない

だいたいそういう話の時って周りはどうにかならないの?なんて話になりますがその人の話を聞いてる限り、なんて言うんでしょう。

もう全く相手に『無関心』相手の事を何も知りませんでした。

マザーテレサさんの仰た通り。

ホントにダメな時ってこうなんでしょうね。

気にもならないようです。

嫌いだ、と口にするうちは、まだ改善して欲しいという願いも乗っかてる

結婚するときは、今、自分こそが最高の幸せを手に入れた、この『幸せ』は一生離さない!て誰もが信じてるのに。

みんなその『幸せ』なる物を自ら放り投げまくりますからね。

怖いものですね。

よく旦那のダメ話を

「わかるわかる〜。」

て永遠話してるお母様グループを見かけます。

会社の同僚、先輩、後輩の事をブーブー言ってるグループなんかもお酒の席では見かけたりしますが。

でもそういう人達ってみんなよく見てるんですよね。

すっごい細かいとこまで。

嫌いだって言ってる人のことを。

でも今回、本当に嫌いとか別れたいって多分そういうレベルじゃないなって。

普段よく言ってる嫌い嫌いは、それはもうみんなコーヒー飲む時のケーキや、お酒飲む時の焼き鳥みたいに必ずセットのツマミになってて、むしろ楽しんでるんじゃないかな、て。

まだ言ってるうちはその人の事が気になってる、と言いましょうか。

変わってほしいとか、そういう期待が混ざってるけど。

そこを通り過ぎると本当に嫌いになっちゃうのかな、と。

嫌われたくない人は文句言われてるうちに改善しましょ〜。

 

 

スポンサーリンク







関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ムタカズヒロ

有限会社 Soul mate elevenという会社を経営しています。福岡県久留米市を中心に博多、佐賀、朝倉で飲食店をやらせて頂いてます。飲食店が真ん中にはありますが「好きな事」「楽しい事」をテーマに「ブログ」を書いたり、「オンラインサロン」を運営したり、楽しそうと思えば、どんどんチャレンジしています。